関節リウマチにおけるリハビリ

関節リウマチの治療法には薬物療法、基礎療法、リハビリ、手術療法があります。
治療の中心となる薬物療法とほぼ同時に、リハビリが行なわれます。
リハビリは、症状の改善と、生活の不自由さの改善、つまりQOL(生活の質)の向上を目的としています。

リハビリの内容には、「理学療法」「運動療法」「作業療法」「装具療法」の4つがあります。
このうち、関節リウマチの痛みや腫れ、こわばりをやわらげる方法は、理学療法にあたります。
主に温熱、赤外線、超音波、水や氷などの刺激を利用して炎症を抑え、痛みをやわらげる方法です。

炎症で関節が腫れて痛みも激しい急性期には、症状が出ている関節をサポーターや装具で固定し、安静にしていると腫れや痛みもしだいに治まってきます。
このときには、ぬるめの入浴や手足の部分浴などで関節を温めると、関節の周りの血流がよくなり、痛みやこわばりが軽くなります。
このような温熱療法は、専門機関で行なわれる赤外線や超音波療法、レーザー療法などの電気療法のほかに、家庭でも簡単に自分で行なえるものもあります。
入浴、部分浴、ホットパック、蒸しタオル、また温泉療法、温水プールを利用する方法などです。
朝のこわばりが全身に感じられるときには入浴が効果的である、と、毎日朝風呂に入る患者さんもいます。

しかし、腫れて熱を持っている関節は、冷やした方が気分が良くなる場合も多いのです。
その場合は、痛みのある関節だけを氷や冷湿布で冷やすようにしてください。
温めるか冷やすかは、ケースバイケースで行ないます。

カテゴリ

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門