ジャイアントスキー場

ジャイアントスキー場といえば、志賀高原の中でも急斜面のコースであることで有名です。
初心者が迷い込んでしまうと、下りて(落ちて)くるのに大変時間がかかりますので注意したほうがいいでしょう。
ジャイアントスキー場は最大斜度34度、平均19度の幅広の斜面が1000mも続く一枚バーンです。
そのため、上級者にとっては、何度滑っても飽きがこないスキー場です。
ジャイアントスキー場のゲレンデトップからゲレンデベースまで、ノンストップで下りるためにはかなりの腕(脚)が必要です。
そのため、スキースクールの上級者向けのクラスでは、このジャイアントスキー場で講習を行っています。
夕方近くになると、コブもできてきますので、さらに滑ることを難しくさせてくれます。

ジャイアントスキー場には、ジャイアントトリプルリフトが架けられています。
ジャイアントトリプルリフトに乗り、ちょうど中間点に差し掛かったころでしょうか、温泉の香りが漂ってきます。
そこでは、志賀高原は温泉地であることを思い出させてくれます。

ジャイアントスキー場のゲレンデベースにもホテルが何軒か立ち並んでいますが、これらのホテルも温泉を引いています。
このあたりの温泉は志賀山温泉といいます。
平成19年8月頃から志賀山温泉の色が変わってしまったようです。
原因は何かわかりませんが、白濁色になってしまったようです。
白濁色であると、温泉の雰囲気が醸し出されるからでしょうか、宿泊客には好評のようです。

カテゴリ

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門