宿泊予約

楽天トラベル(旅の窓口) 宿泊予約

じゃらんネット - 宿・ホテル予約はじゃらんnetで

山形蔵王温泉スキー場

山形蔵王温泉スキー場は大変広いスキー場ですので、ぜひ宿泊して楽しみたいものです。
スキー場の山麓にある温泉街には150軒近くの宿泊施設があり、そのほとんどは温泉を引いています。
蔵王温泉は山形県内でもトップクラスの湯量を誇る温泉です。
温泉の泉質は強酸性で、神経痛や皮膚病に効くようです。また、美肌効果もあると言われているため、女性にも人気のある温泉です。

温泉街の中には3つの共同浴場があります。
宿の温泉もいいですが、外湯めぐりもお勧めです。
温泉街に近い「上湯」と「下湯」、温泉街から少し離れたところにある「川原湯」です。
昔ながらの温泉情緒が味わえるばかりでなく、地元の人たちと触れ合う機会があるかもしれません。
外湯を楽しんだあとは、温泉街めぐりに出かけてみてください。飲食店や土産物店も充実しています。
ただし、スキーを思いっきり楽しんでしまった身体には、そんな体力は残っていないかもしれませんが。

昔ながらの外湯以外にも、近代的な日帰り温泉施設もあるので、安心してください。
スキーで疲れた身体を、温泉で癒すことができれば、大変すばらしい気分転換になることでしょう。

樹氷のライトアップに出かけてみるのもいいかもしれません。
年末年始と1月の週末、そして2月初旬から3月の上旬にかけて樹氷原がライトアップされますので、ロープウェイに乗って出かけましょう。
だだし、真冬の樹氷原ですので、防寒対策は完璧にして出かけたいものです。

ジャイアントスキー場

ジャイアントスキー場といえば、志賀高原の中でも急斜面のコースであることで有名です。
初心者が迷い込んでしまうと、下りて(落ちて)くるのに大変時間がかかりますので注意したほうがいいでしょう。
ジャイアントスキー場は最大斜度34度、平均19度の幅広の斜面が1000mも続く一枚バーンです。
そのため、上級者にとっては、何度滑っても飽きがこないスキー場です。
ジャイアントスキー場のゲレンデトップからゲレンデベースまで、ノンストップで下りるためにはかなりの腕(脚)が必要です。
そのため、スキースクールの上級者向けのクラスでは、このジャイアントスキー場で講習を行っています。
夕方近くになると、コブもできてきますので、さらに滑ることを難しくさせてくれます。

ジャイアントスキー場には、ジャイアントトリプルリフトが架けられています。
ジャイアントトリプルリフトに乗り、ちょうど中間点に差し掛かったころでしょうか、温泉の香りが漂ってきます。
そこでは、志賀高原は温泉地であることを思い出させてくれます。

ジャイアントスキー場のゲレンデベースにもホテルが何軒か立ち並んでいますが、これらのホテルも温泉を引いています。
このあたりの温泉は志賀山温泉といいます。
平成19年8月頃から志賀山温泉の色が変わってしまったようです。
原因は何かわかりませんが、白濁色になってしまったようです。
白濁色であると、温泉の雰囲気が醸し出されるからでしょうか、宿泊客には好評のようです。

熊の湯スキー場

志賀高原の中でも、毎年最初にオープンするスキー場は、熊の湯スキー場です。
当然標高も高く、サラサラのパイダースノーが楽しめます。
熊の湯スキー場は、奥志賀高原スキー場と同様にスキーのみ滑走可能ということになっています。
熊の湯スキー場のコースは、中級者以上のレベルに適した斜面が多いことから、いわゆるエキスパートに人気のあるスキー場です。

ゲレンデベースが1箇所に集中しており、そこから放射状にリフトとコースが延びています。
そのため、どのコースを滑走しても同じゲレンデベースまで滑ってくる、ということになるので効率よくリフトに乗ることが可能です。
熊の湯スキー場を訪れた上級者は、第3Aコースにチャレンジしてください。
最大33度の傾斜を持つ約1000mのコースです。上部はかなり深いコブが張り付いており、降雪後はフカフカのパイダースノーが積もっています。
初級者は白樺コースから、隣の笠岳スキー場に滑り込んだほうがよさそうです。

熊の湯スキー場の山麓には温泉宿が立ち並んでいます。熊の湯温泉です。
熊の湯温泉は発哺温泉と並び、志賀高原に古くからある温泉として有名です。
熊の湯温泉の中心には「熊の湯ホテル」があります。
熊の湯ホテルの温泉は宿泊者以外でも利用することが可能ですので、日帰り客には嬉しいかぎりです。
スキーと温泉を同時に楽しみたい、という人には熊の湯スキー場をお勧めします。
ただし、スノーボードでは滑走できませんので注意してください。

サンアルピナ鹿島槍スキー場

サンアルピナ鹿島槍スキー場は日帰り客のための施設が充実していることで有名なスキー場です。
白馬エリアの中で、中央自動車道の豊科インターチェンジに一番近いスキー場ということもあり、日帰り客の多いスキー場です。
セントラルプラザ内には、更衣室やロッカールームをはじめ、スキーヤーズベッドルームがあります。
スキーヤーズベッドルームは、深夜や早朝に到着した人が仮眠を取るだけでなく、宿泊をすることも可能です。
ファミリーやグループで、宿泊もしくは仮眠を取りたいときは、ゲストパーラールームがいいでしょう。
個室となっていますので、プライバシーも保てるはずです。
また、セントラルプラザには「ハイランドスパ」と呼ばれる展望大浴場もありますので、汗をかいた後はそこでサッパリするのもいいかもしれません。

しかし、宿泊するのであれば中綱ゲレンデの山麓にある民宿を利用してもいいでしょう。
中綱湖畔に昔ながらの民宿からペンションまで、20件近くの宿泊施設があります。

スキーと温泉を楽しみたい、という人には車で15分ほど走ったところにある大町温泉郷がお勧めです。
大町温泉郷には大きなホテルが15軒ほどありますので、そこから選んでみましょう。
大町温泉郷から鹿島槍スキー場まで、無料のシャトルバスが運行されています。
そのため、宿泊する人は朝早く宿に仮チェックインしてから、シャトルバスでゲレンデに向かうのもいいかもしれません。
そうすればゲレンデでビールも飲めるはずです。

一日遊べる「那須どうぶつ王国」

「那須どうぶつ王国」は、東京ドームの約10倍という広大な敷地にあり、「王国ファーム」と「王国タウン」の2つのゾーンに分かれています。
ここでは、アルパカ、ラクダ、シロフクロウ、ビーバー、ペンギン、カピバラなど、世界から集められた動物が500頭以上も暮らしています。
大自然の中で、動物たちと元気におもいっきり遊ぶことができるテーマパークです。

また、王国の敷地内には天然温泉の「那須五峰の湯」があるので、動物たちと遊んで疲れたら、ゆったりと温泉に浸かって疲れを癒すことができます。
「五峰の湯」の入浴料は、中学生以上は1,200円で、こどもは600円で、王国に入国された方は、入浴料が半額になります。

また、「那須どうぶつ王国」では、わんちゃんを連れてでも楽しむことができるドッグランを完備しています。
ドッグランは「王国ファーム」には2つあり、「那須パラダイスラン」は、大型犬でも大満足の広さです。
雄大な景色の中をおもいっきり走ることができます。
「那須パラダイスリトルラン」は、小型犬専用となっているので、小さいわんちゃんも安心して遊ぶことができます。

「那須どうぶつ王国」の入国料は、中学生以上が1,800円で、小学生は1,000円、3~5歳の幼児は700円、60歳以上の方は1,500円です。
また、アフタヌーン料金として14:00以降に入国すると、中学生以上1,000円、3歳~小学生は500円となります。
動物と触れ合って充実した一日を満喫してください。

「DogPetitResortJOKER 綱吉の湯」のハイドロセラピー

「大江戸温泉物語別館」の「DogPetitResortJOKER 綱吉の湯」は、都会に住む犬たちの憩いの空間となっています。
都会で生活している犬たちは、住環境や運動不足などの理由で肥満や成人病が増えています。
また、環境の問題により関節形成不全など、さまざまな問題を抱えているのが現状です。
「DogPetitResortJOKER 綱吉の湯」は、リラクゼーションやセラピー、ビューティーケアなどによって、疲れた犬たちを元気にさせる大都会の中の保養地なのです。

ここで行なわれている療法の一つに「ハイドロセラピー(水療法)」があります。
ハイドロセラピーの基本要素は、熱と浮力、そしてマッサージです。
暖かいお湯によって、血管を広げて、血液の循環を活発にし、本来もっている自然治癒力を高めるのです。
さらに温水の熱は、痛みを減少させる効果もあるのです。

また温水に入ると、体重は10分の1くらいまで減少し、重力から開放され、筋肉・関節の張っている部分もほぐれます。
このような水の浮力は、ストレスによる緊張の緩和につながるのです。

そして、水力マッサージはジェットバスで行ないます。
水圧によって筋肉の凝りをほぐし、その周辺の神経にかかる圧迫感も取り除きます。
ジェットバスには他にも、新陳代謝を促して、筋肉組織にたまってしまった老廃物を除去するという効果もあります。
そして、新しく酸素や栄養素を取り込み、疲れた筋肉の回復を早めるのです。
さらに、気泡がはじけるときに発生する陰イオンによるハイドロセラピー効果は、温熱や乳化、洗浄などさまざまです。

「Dog Petit Resort JOKER 綱吉の湯」は、初めて都心で温泉を使用したハイドロセラピー施設なのです。
あなたの愛犬にも安らぎの時間を与えてあげてみてはいかがですか。

坐骨神経痛と足ツボ

神経痛に悩む方は多いですが、なかでももっとも多くみられるのが、坐骨神経痛だそうです。坐骨神経は、太くて長い神経です、そのため圧迫を受けたり障害されたりする可能性が高いことが原因です。

お尻が痛いという場合は、ひどくなると坐骨神経の走る方向にそって、太ももからふくらはぎへと足の後ろ側が痛くなることがあります。椎間板ヘルニアなどの疾患が無い場合には、軽く押してみて気持ちよい刺激が得られるようなときには是非、ツボ刺激療法を試してみてはどうでしょう。

神経にそってさすってみてください。そのあと、足ツボの刺激に入ります。最初は軽めの指圧からはじめ、直接灸やしょうが灸をすえるとより効果が倍増します。また温泉に入って、足腰を温めながら、痛む場所をかるく指圧したり、ブラシでたたいて穏やかな刺激を与えるのも効果があると思われます。痛みは、精神が不安定なときに強まるといわれていますので、温泉は精神を穏やかにするうえでも効果があるでしょう。

足ツボの委中(いちゅう)が、坐骨神経の特攻ツボです。膝関節を曲げたときにできるしわの中央がその位置です。こころ毎日、寝る前などに押してみて、ほどよく心地よさを感じられるまで刺激を与えることで、症状が改善します。

ツボ療法は早期に始めることが大切です。痛みがひどくならないうちに、毎日の習慣にすると良いでしょう。信頼のおけるパートナーに刺激してもらうことで、気分も安心でき、効果が倍増します。

リウマチに対する温泉の効果

季節が秋から冬へと向かうと、温泉に行きたくなります。
露天風呂につかりながら、季節の移ろいを感じる・・・日常の嫌なことを忘れて心も体も癒されるひと時ですね。
体の調子を整えるために行く人、心のリフレッシュのために行く人、温泉へ向かう目的は人それぞれです。
ところで、温泉の効能として「関節痛」「リウマチ」その他にも様々な症状が書かれているのを見たことはありませんか。
具体的にどのような効果があるのでしょうか。

関節リウマチに対する効果としては、以下の項目があります。
●温熱作用により、鎮痛効果が期待できる
●水中での浮力の働きにより下肢にかかる体重が減少し、下肢の関節への負担と痛みが軽減される
●水の抵抗を利用した筋力増強
●泉質により血管が拡張され、血流改善や代謝改善が期待できる→痛みの軽減につながる
●温度、圧力、浸透圧、成分などの総合的な刺激により、自律神経の調整が行なわれる
但し、効果を挙げるためには患者さん本人の体調(適応、禁忌)、泉質、温度、入水時間、入浴時間帯など様々な条件が必要ですので、お医者さんとよく相談してください。

以上のような効果から、温泉療法はリハビリテーションの一つとして行なわれます。
これは薬物療法や手術療法と同じように、リウマチ自体を治せるわけではなく、対症療法の一つなのです。

関節リウマチの治療は、土台となる基礎的療法と、薬物療法、手術療法、そしてリハビリテーションがバランスよく行なわれることが大切です。

関節リウマチにおけるリハビリ

関節リウマチの治療法には薬物療法、基礎療法、リハビリ、手術療法があります。
治療の中心となる薬物療法とほぼ同時に、リハビリが行なわれます。
リハビリは、症状の改善と、生活の不自由さの改善、つまりQOL(生活の質)の向上を目的としています。

リハビリの内容には、「理学療法」「運動療法」「作業療法」「装具療法」の4つがあります。
このうち、関節リウマチの痛みや腫れ、こわばりをやわらげる方法は、理学療法にあたります。
主に温熱、赤外線、超音波、水や氷などの刺激を利用して炎症を抑え、痛みをやわらげる方法です。

炎症で関節が腫れて痛みも激しい急性期には、症状が出ている関節をサポーターや装具で固定し、安静にしていると腫れや痛みもしだいに治まってきます。
このときには、ぬるめの入浴や手足の部分浴などで関節を温めると、関節の周りの血流がよくなり、痛みやこわばりが軽くなります。
このような温熱療法は、専門機関で行なわれる赤外線や超音波療法、レーザー療法などの電気療法のほかに、家庭でも簡単に自分で行なえるものもあります。
入浴、部分浴、ホットパック、蒸しタオル、また温泉療法、温水プールを利用する方法などです。
朝のこわばりが全身に感じられるときには入浴が効果的である、と、毎日朝風呂に入る患者さんもいます。

しかし、腫れて熱を持っている関節は、冷やした方が気分が良くなる場合も多いのです。
その場合は、痛みのある関節だけを氷や冷湿布で冷やすようにしてください。
温めるか冷やすかは、ケースバイケースで行ないます。

カテゴリ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門